京都相続支援センターでは税金・不動産・法律問題など相続に関する全てのご相談をワンストップで解決へ導きます。

京都相続支援センター > サービスメニュー

 

 

 

最後のメッセージを遺族に託す、正しい「遺言書作成」

「遺言書ってどうやって作って書けばいいんだろう・・・?」
「自分が考えている事は、遺言にできるのかな・・・?」
「市販してるノートに書いても認められるのだろうか・・・?」
「自分が死んだ後に家族が揉めないように書けるかな・・・?」
遺言書の作成は初めての事なので、何が正しいのか、どうすれば揉めずに相続できるのかなど、疑問ばかり・・・。
相続の窓口では、後々ご遺族が揉めない為に正しい遺言書の書き方をお教えいたします。

遺言書に残された故人の意思を守る、確実な「遺言執行」

相続の時、当然遺言書の内容が優先されますが、遺言書のままではダメだという事をご存じではない方が多くいらっしゃいます。 遺言書は「遺言執行」を行うことで初めて執行されるのです。
しかし、遺言書の内容によっては、相続人同士で揉めてしまうこともあります。また、複雑な専門知識を必要とする手続きが多くあり事も難点です。
そこで相続の窓口では、故人の遺志を尊重して遺言書を忠実に実現し、遺族間で揉めないために、第三者として遺言執行を行います。
分かりやすく丁寧に説明しますので、初めての方も安心してご相談下さい。

遺言書がない場合でも、話し合いで解決する「遺言整理(遺産分割)」

相続の際、遺言書がないのでどのように遺産を分割すればいいのかわからない・・・。という事がよくあります。
「私の家族分が●●で、あなたの所は・・・」など、遺産分割を勝手に決めてしまい、残された家族の関係がバラバラになってしまうという事は、故人も望んではおられません。
そのような時は、法律にのっとってみんなが満足できる相続にするために、相続人の方々で話し合い(遺産分割協議)、遺産を分け合うこと(遺産分割)を行います。そして話し合いの中で出てきた複雑で専門的な事は、私たち相続の窓口で解決させていただきます。

不動産を相続した際に、所有者の名義を変更する「相続登記」

相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きをしなくてはなりません。
不動産名義を変更せずに、後々トラブルになることが多くありますので、不動産の名義変更の手続きはできるだけ速やかに行いましょう。
法務局で登記簿を閲覧すれば、誰でもその不動産が誰の所有なのか、担保などがついているかどうかを確認できます。
登記に必要な書類は、どのように遺産分割の協議が行われたかによって用意する書類が異なってきますので、きっちりとした遺産分割が必要となってきます。

故人の借金まではちょっと・・・という方に、選択次第では可能な「相続放棄」

知っていましたか?相続放棄は1回しか出来ないのです・・・。
相続放棄は期限などもございますので、ご心配な方はお早めにご相談下さい
たとえば、相続放棄の期限が1年も過ぎてしまった案件などの場合には、専門家の
裁判所への申述書の書き方一つで、親の3000万円の事業用借金の相続放棄が
成立したり、不成立になったり・・・。
親が生前に保証人になっていたために、見ず知らずの人の1500万円の借金が自分の借金になってしまったり・・・。
借金は、正しい相続手続きをすれば引き継がなくても済むんです!相続の窓口では、皆さんが本当に相続放棄をするべきかを見極め、迅速にサポートいたします。

ページ上に戻る